Loading

KAKUMA NO HIROBA

学生時代にする5つのこととは!? 16代目若社長に学ぶ学生のススメ 【第二回学生まちなか塾/浅田久太先生】REPORT

好評だった第一回に続き、第二回学生まちなか塾が開講されました。
前回の学生まちなか塾についてはこちらの記事をご覧ください。
http://kakumanohiroba.com/?p=18130
まずは講師の紹介を少々…
今回の講師は金沢市を起点に旅舘、ホテル、料亭、レストラン、居酒屋などのサービス事業全般を展開される
1659年創業・株式会社浅田屋取締役社長 浅田久太先生。表情が豊かで、自然と話に人を引き込む方です。

参加者も真剣な面持ちで学生まちなか塾はスタートしました。
今回のテーマ「学生のうちにしておきたい5つのこと」それは5つの「失敗」でした。
肉体的な失敗、精神的な失敗、対人関係の失敗、教養面での失敗、金銭面での失敗…
浅田先生の失敗にはそれぞれエピソードがあって、どの失敗からも学びがあったそうです。
学生時代にした病気の話から始まり、15歳で上京、現在の職に至るまで様々なジャンルのお仕事を経験されたそうです。
もとは家業も継ぐつもりはなかったという浅田さん…。
それでも今があるのは、「失敗」を繰り返して、得られた学びがあってこそなんですね。

「失敗できるのは学生のうちだけ、社会人になってからの失敗は取り返しのつかないことが多いから。
だからこそ学生のうちに何度も挑戦して、何度も失敗してほしい」。

本などでも見たことがある言葉かもしれませんが、人生の大先輩である浅田先生の人生経験を通して聴く言葉は重みがあり、参加者にはすっと入っていたみたいです。他にも「挨拶」のお話、「人との関わり方」のお話、「相手の立場」ではなく「相手の味方」になる話など、記事では伝えきれないほどの貴重なお話を沢山いただきました。

そして後半は食談会…お店は木倉町欧風料理のタブリエへ
前半とは打って変わって参加者の皆さんも大盛り上がりでした。
豪華なイタリアンとお酒を交わしながら会話も弾んでいきます。

そして自分の今後を楽しそうに語る浅田先生。
これから展開していきたい事業について、楽しそうに語るその時の浅田さんの楽しそうな表情が頭から離れません。
「ボクはしたいことがいっぱいあるんだよね。」
学生時代だけでなく、いつまでも夢を追い続けて生きていきたいですね。
今後の浅田屋の展開も含め、浅田先生のご活躍が楽しみです。

最後は記念撮影。みんな笑顔で少し満足げですね。
学校では教えてもらえない「学び」や普段は発見できない「気付き」を得た皆さんの今後の成長が楽しみです。
そんな学生まちなか塾も次回でラスト…。次回の記事もお楽しみに^^
第三回 学生まちなか塾 https://www.facebook.com/events/1396728633909517

記事 広瀬一樹 カメラ 中沢愛唯美

Leave a Comment

CAPTCHA